大阪府の「お笑い」に対する意識とは?


「お笑いの聖地」と呼ばれるほど、大阪府には漫才やお笑いが浸透していますよね。「お笑い」といえば大阪というようなイメージがありますが、なぜ大阪府がお笑いの聖地になったのでしょうか?大阪府のお笑いについてまとめていきます!

 


お笑い 【大阪の「笑い」のレ・キ・シ】
なぜ大阪=お笑い、となるのかを歴史からみていきましょう!

お笑いの源流は、江戸時代の伝統芸能である「落語」からきているそうです。大阪では上方落語、関東では江戸落語が発達しました。上方落語は落ちで笑わせる滑稽話が多く、一方、江戸落語は人情で客を惹きつけるのが多いそうです。落語は道行く人に面白い話を聞かせたのがはじまりで、ぱっと耳目を楽しませる派手さが大阪の落語にはあったそうです。

 


【それでは、なぜお笑いの聖地と呼ばれているの?】
このような歴史もありますが、お笑いの聖地と呼ばれているのは、大阪府の県民性、雰囲気からもきています。大阪人のしゃべり方は独特で、話しのテンポが早いといわれており、普通に話しているだけで面白いという声もあります。そして、耳に残る「関西弁」。このように、いろんな要素が合わさってできたのが「お笑い」なのです。

 


【大阪にはお笑い芸人がたくさん?!】
そしてもう一つの要因となるのが、大阪府出身のお笑い芸人さんがたくさんいるということです。人気お笑い芸人であげてみました。




東京都内でお住まいを探す際に条件として一番にあがってくるのは、やはり交通アクセスのよさでは無いでしょうか?港区は多くの路線が通っているので交通の便がよくおすすめです。交通面だけでなく、治安の面でも港区は住むのにおすすめのエリアです。港区で人気なのが白金です。白金には高級住宅街が多く、治安もいいので女性の一人暮らしにおすすめです。また、出張などで空港や新幹線を利用することが多い方には、品川駅に近い港南エリアをおすすめします。港区はきれいに整備された道が多くマンションも多くあります。公園や学校などの教育施設も充実しているので、これから子育てを始める方にもおすすめです。港区の賃貸物件を探してみましょう。ライフスタイルに応じた物件探しをすることができます。

(例)
ナインティナイン、雨上がり決死隊/宮迫、ケンドーコバヤシ、ほっしゃん、ピース/又吉、
麒麟/田村、フットボールアワー/岩尾、ロッチ/コカド

以上が大阪府出身の人気芸人となります。ナインティナインや宮迫は、大阪独特の雰囲気を持っていますよね?お笑い会の先陣をきる人物が多いのです。

 


【お笑いが学べる土地】
大阪のお笑いの特徴として、お笑いを“学ぶ”ことができます。皆様もご存知のように、大阪にはお笑いスクール「NSC 吉本興業」や「サンミュージック」などがあります。全国各地から面白いやつが集まるところ、それが大阪なのです!!面白い人と結婚したい!面白い人と友達になりたい!それなら大阪へComeOne!!

 


【お笑いは狭き門?!】
お笑いで食っていけるのは、1000人中10人と言われています。今日もどこかで、一生懸命ネタを考えている人がいます。しかし、実際はそんな厳しくありません。お笑いでメジャーデビューしたいなら、大阪に短期留学をするか、大阪のおばちゃんを10人笑わせることですね(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です